マザータング式現在完了 001

マザータング式現在完了 001

現在完了はすべて「今に繋がっている」わけではない。

私が高校で英語が嫌だと思ったのは現在完了の登場からだ。

「少し前の過去が今に繋がっている」といった、今でもよく説明されるあの意味。

でも訳は過去形と同じになっていたりする。

過去形は、過去と今の状態は無関係で、繋がっていない。

それを、「繋がっている」と無理な説明をするのが現在完了だ。

結論から言えば、「現在完了がすべて今に繋がっているわけではない」だ。

なのに、どうしてすべてを「繋がっている」と解釈し、無理な説明をするのか。

その疑問はすべてクリアにして、改めて英語に向き合わないと、会話をスムーズに行えることはない。

まずは、もっとも重要な要素とは何かを先にここで紹介したい。

それは、「いつ」を意識しない過去の言い方がとしてまとめる際の共通点であること

そうは言っても理解は難しいが、この連載を読み終わったころにはすんなり入ってくるはずだ。

もう一つの要素は、使い方で分けなくてはならないこと。自分が話すときの心持ち、基準でわけると、下の3つにわかれる。

「今も継続している状態」系

現在進行形、現在完了継続用法、現在完了進行形、現在形(状態動詞)

「終わった」系

過去形、現在完了完了用法、現在完了結果用法、現在完了Unfinished Time Word

「したことがある」

現在完了経験用法

最後のポイントは、日本語訳は、日本語の「ている」を中心に訳していくこと。

以上、3つの要素を中心に現在完了を読み解いていく。

マザータング式現在完了を読み終わったあとに掲載するまとめだが、ここでも紹介しておこう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について