英語を母国語として身につける

英語を話すときは、「しっかり伸ばす」を子どもから大人まで必ずやる。

スピーキングの際、しっかりと伸ばすことを意識すると、パイプ音の発音ができる。

つまり、しっかりと一息で発音できる。

英語の基本は一単語を一息で発音すること。伸ばす箇所はアクセントのあとだ。

この伸ばし方が、ネイティブの子どもの場合、強烈に伸ばしてくる。

アクセントの強調であり、これは母親が子どもに話しかけるときも同じだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について