主語を意識すると景色が変わる

It’s way too slow.

それ、

ほんとに

やばいくらい

遅いね

It’sを分解せずに「それ」と解釈すると、日本人はIt’s way too slow.をそのままの順序で読める。

しかもway tooに感情を込められる。

リスニングするときも同じだ。

It’s のあとにway tooを感情込めて聴き、slowで答えを得る。何がそんなにway tooなのかと考えつつ、slowで「遅い」かとなるのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について