「感情」を使い、英語を母国語として身につける

6歳になった。フォーニックス読みの問題点。

5歳では文字の読み書きに移行し、もう一度アルファベットを洗い直し、フォーニックス(日本では「フォニックス」)による発音をやった。

夏の引っ越し後に金曜日だけ通うようになったイングリッシュ・プレスクールでは、アルファベットやフォーニックスは普通にやっている。日本の保育園ではまったく読み書きをやらないので、大きな違いがある。

金曜日だけのプレスクールで学ぶことは少ないので、基本的には読み書きは家で行った。

まず、1歳くらいからABCソングを歌っていたにもかかわらず、ひとつひとつのアルファベットを示すと読めないものがあるという衝撃。

自然に覚えるかと思いきや、何もやらなければ何も変わらなかったという衝撃。

まだ3歳や4歳では「まだ早いのかも」と思ったが、5歳では早いということはない。

なので、アルファベットのカードで読めないものを徹底して洗い直した。

フォーニックスに関しては、アニメ『アルファブロックス』が好きなので勝手に覚えるかと思いきや、それもまったくもって間違っていた。

単語を前に、「フォーニックスで読んでみて」と言っても最初は全然読めず。

アルファブロックスでやっているやつだよ、と伝えて「なるほどー」と言っていたが、改めて親からフォーニックス読みを教えた。

一度教えると早かった。それは『アルファブロックス』のせいだと信じたい。

ただ、実際は毎回、「ブ、イ、ヅ…」とフォーニックス読みを一語一語ゆっくり読んで、最後に、「○○!」と完璧な発音で言うのは、絵本の文章を読むときには苦痛だ。

「フォーニックス読みは頭の中でやって、口に出すのはわかってからにして」

と伝えると、そうやって絵本を読めるようになった。

また、単語のフォニクス読みの勉強も続けているが、英語にはサイレントワードがあり、異なった読み方があるため、フォーニックスだけでいいことはない。

教えていて気づいたのは、フォーニックスではなくアルファベット読みがあること。

Cakeの発音はケイクだが、aはエイと読む。これはaのアルファベット読みだ。

フォーニックスだと「ア」に近い発音になり、Apple、Capという単語がある。

ちなみにeはサイレントワードで発音しない。

Airはエアで、フォーニックス読みするとアイアになる。エアと読むためにはAをエイとアルファベット読みしなければならず、そうなるとiはサイレントワードになる。

Find、 Island、Niceはiの部分をアイと読むが、これもアルファベット読みだ。

フォーニックスでは「イ」の発音になる。Fill、Finishなど。

他にgでジャイアントとギブという違いがあり、oにモウメントとボックスがあり、uにもeにもそれがある。

ライトLとダークLの違いも実はそこにあるのではと勘ぐってしまう。ライトLはアルファベット読みで、ダークLがフォニクス読み。

違いがないのがb、d、h、k、m、n、p、q、v、w、z。

cはchでチになり、sもshでシになる。xはboxがアルファベット的だが、Xylophoneはザイロフォンでまったく違う。

Yはまた不思議だが、Tummyだとイという発音になりフォーニックス。

Tryだとアイとなり、ワイのアルファベットに近くなる。

TはQuestionのときにチョンとなるが、フォーニックスだとツォンになるはず。

アルファベット読みのティー&オンのほうがチョンに近い。

uは複雑だ。Understandでア、Useでアルファベット読みになるが、もう一つある。

母音のアイウエオを考えるとウの部分はuにやってもらわないといけない。が、述べたとおり、uのフォーニックスはアで、アルファベットはuseのユー。

eはTeaでアルファベット、tellでフォーニックスのエ。イはiで、オはo。

ではウの場合はどうするのかというと、Cloudのuとなる。他にCourse、Blueなど。

娘はPutをフォニクス読みでパットと読んだ。PushもPutもウだが、フォーニックス読みをやるとこうなってしまう。

このような複雑さがあって、アメリカ人には小学生で「読み」が苦手な子が多い。読みが苦手でもすらすら話せるし、日常生活に支障はそれほどない。

ただ、この問題点に真剣に向き合っているかといえば、そうでもない。

中学から英語を学んだ世代はフォーニックスをやらずに、ただCakeはケイクで、Chidはチャイルドだと学んだ。漢字を使う我々には楽勝だった。

でもフォーニックスをやると子どもは真剣にフォニクス読みをしようとする。

そこで実際の読みとの違いに戸惑ってしまうのだ。

この文章を書いた日、娘からいくつか質問を受けた。まず、Placeをプレイクと読んだのだ。cの部分はスで、eはサイレントと教えるとどうして? という質問になったが、このスはCのアルファベット読みなのではと考えた。シーではないが、近い。

また、laterのrは、アルファベット読みじゃないかという指摘も娘から受けた。

たしかに。