英語を母国語として身につける

「文字なき記憶」

 

「子どもは大人よりも言語の習得が得意」という現象に対して、ますます興味深い事象が私の実生活で起こっています。

今、ベッドタイムストーリーとして『ねむりひめ』と『花さき山』を中心にしているのですが、『花さき山』は英語版で、音声CDも付いています。それをiPhoneに落として聴かせたら娘が気に入ったようで、私が「読ませて」と言っても、「嫌だ」と断固拒否。

一週間ほどそれが続いて、どうしても読みたいので再び懇願すると、「いいよ」と言ってくれました…。

やっぱり絵本は自分で読みたいじゃないか…それが親心。

さて、と意気揚々、私は読み始めました。

すると、途中で「違うよー」と笑いだす。

It’s not “evil”. It’s like “eval”.(イービルじゃないよイヴァルだよ)

evilという単語の発音について、私に指摘するのです。

もう最近はこんなことがよくあるので、素直に娘の発音指導を受けます。娘が言うとおりに発音すると、

That’s right!

と「認可」を頂くのです。

そういった指摘や、文章の細かい部分で何か指摘するので、「もしかしたら文章を覚えているでは?」と思い、「読んでみて」と提案してみました。

前に別の絵本で冒頭の英語を覚えていたから、少しは覚えているのかもと思ったからです。





すると、娘はすらすらと冒頭の3行文くらいを暗唱しだしました。

 

その3行は簡単な英語だけども、一緒に何度もその文を聴いていた私は暗唱はできません。

どうして娘はそれを簡単に覚えてしまうのでしょうか。

今まで何度も疑問に思った、この「文字なき記憶」が、子どもの言語習得における需要な要素と能力だと、確信しつつあります。

そのせいか、「田中角栄は吃音だったが、浪速節を朗詠することで克服した」「アイヌのユカラは文字を覚えることで衰退した」といった情報が気になり、私のもとに届いてきます。

 

娘の暗唱を聴いたあと、CD音声を流しながら、一緒にリピートしてもらいました。娘は綺麗に一緒に発音していきます。

私はいつも文字を読みながら音声を聴いていて、結局、音声を聴いていなようです。

文字を読むのをやめて、音に集中してみました。

どこで途切れて、どこにアクセントがあって、という音。

集中すると、その情報が入ってくる。

文字を読んでいた私が、聴いているつもりで聴いていなかった部分です。

それでも、「文字を知る大人の私」には、結局暗唱はできないという気持ちが心の中にはあります。でも、近づく方法があるのではないかと思います。

その方法として、「音だけに集中する」という方法を選択しているのですが、それをやろうとしても邪魔するものがあります。

「知識」です。

 

私の場合で考えると、リスニングをしていて、知らない言葉が出てくると、無視する傾向にあります。新聞などを読んでいても同じです。

知っている言葉には強く脳が反応するのに、知らない言葉には興味があまりわかない。

知っている言葉も知らない言葉も、同じレベルで捉えて、音を聴いて、覚えることができたらいいのに。でも出来ないから、知っている言葉だけが記憶に残る。

この状態を克服しようとして、「知らない単語も(意味よりも先に)音から覚える」という姿勢を考え続けています。

なかなか伝わらないのは承知しています。

本にもその方法をさんざん書いたけれども、伝わっていない部分もあると思います。

 

勉強という快感に勝てるのか

 

「意味を知らないのに、音だけ覚えてどうするのか」

それが素朴な疑問です。

私も、娘は『花さき山』を静かに聴いていますが、意味がわかっているのかどうか知りたいから、私が読みたかったのです。

私が読む場合、わかりやすく解説を加えます。

少し難しそうな単語を知っているか訊いてみると、やはり娘は「知らない」と返してきます。でも、音はすでに覚えているのです。

「音だけ覚える」というのは、大人には苦痛。

できるなら避けたい、意味を早く知りたい。これが本音です。

そして、これが大人が言語を覚えるのに苦労する理由だと言えます。

 

勉強は楽しい。私も英語の勉強が好きです。

意味を知り、知識を蓄える。そこには快感があります。

だから、好きだったらずっと勉強できる。一言もしゃべらずに、音を聴かずに机に向かうことだってできる。

私はほとんどそういう方法で10年以上を過ごしてきたのです。

つまり、音に興味を持てなければ、母国語のように言語を習得することはできないのかもしれません。それは、もう間違いない。誰がどう否定しようとも、間違いないでしょう。

解釈方法や言葉の意味に興味を強く持っていた私とは、まったく逆の位置にそれは存在しているのです。

 

娘はもうすぐ4歳になります。まわりからは、「ひらがな」「アルファベット」といった文字を読んだり書いたりすることを、そろそろしたほうがいいのではないかという意見が聞こえてきます。

小学校入学までに、そこはしっかりやっておきたいというのが、親心。

私もなんとなく漠然とした読み書きに対する不安があります。

でも、同時にこんな不安もある。

「文字を早くに覚えると、聴き取りと記憶の能力が衰退する」という考え方です。

確信は持てないものの、アイディアとしては心の中でどんどん育っています。

「小学生になるまではどんどん言語を覚えて、読み書きはそのあとでいいのではないか」

漢字はまさに読み書きの勉強が必要だが、それ以外の部分は音を中心とした勉強というアイディアもあります。

「書いて覚える」という方法を信じて勉強し続けた自分に対する反省。音で覚えるのは邪道で子どもっぽいというイメージがあったから、年号を語呂で覚えるのも嫌でした。

でも、大人になっても使うのは、たとえば九九という音、メロディです。

にさんがろく

あの音なくして、読み書きで私はかけ算ができるようになったのでしょうか。

 

あんなにたくさん覚えていた電話番号を、どうして忘れてしまったのか。若い世代だと、そもそも「友達の電話番号を覚える」経験すらないかもしれない。便利を究めるテクノロジーは、音で記憶する能力を衰退させていきます。アイヌが文字というテクノロジーでユカラを失ったのと同じように。

「文字なき記憶」を追究しよう。

その先には、未来人が失う何かが必ずあるはずです。


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です