英語を母国語として身につける

We’re back where we belong!  belongの使い方

3月23日 We’re back where we belong!

 

 

保育園から家に着いて、

We’re back where we belong!

一瞬何のことがわからず聞き返したが、

「私たちのいるところに帰ってきた!」だ。

belongは日本語では「属している」という固い言葉になりやすいが、もっと広いイメージがある。

娘は多用するほうで、belong to(〜に属している。〜のもの。仲間)という意味でよく使う。

誰々のもの? という意味で使うことが多いと思う。

二つのものが強く、くっついているようなイメージで使うのがbelongだ。

belong on the table(テーブルの上にあるべき)といった応用もあるが、まずは強固な繋がりをイメージするのが大事だと思う。

 

この日は帰り道で、向こうから学生たちが歩いてくるのを見て

Many people is coming ahead of us!  私たちの前にたくさんの人がきてる!

と言ったが、ahead of usには「この先(これから)」という意味もあるらしい。

また、バイクを見て

Here comes (the) motorbike!

こんな表現も勝手に覚える。

 

 


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です