I put it back where to belong.  元の場所に戻したい!

4月19日 I put it back where to belong.

 

お菓子売り場で、ジャンケンのおもちゃ菓子を手にとったので、

No.

と私が言った。

すると、娘は手にそれを手にとったまま移動して、

I put it back where to belong!

そして、そのジャンケンのお菓子を別の場所に置いた。そこにはたくさんのジャンケンお菓子。誰かが一個だけ別の場所に置いてたのを、娘が拾って元の場所に戻そうとしていたのだ。

つまり、

「元の場所に戻すんだよ!」と言っていたのだ。

自分の勘違いを反省するとともに、再びのbelongの登場に驚いた。

where to belongですぐに「元の場所」という意味はわかったが、本当にそのような使い方をするのかどうかは、私にはわからない。

でもありそうな気がする。

他の使い方を思い出すと、

The snack belongs to me. そのお菓子は私のですよ

これが一番わかりやすいけれでも、「元の場所」という使い方ももちろんある。

The snack belongs on the box. そのお菓子は箱の中に置かれるものだよ

娘の言い方を他の言い方に置き換えてみると、

I’ll put it back where it belongs on. ともなる。

人の場合は、

where you belongで「君のいるべき場所、居場所」。

さて、where to belongという言い方があるのかどうか。

たぶん大丈夫だ。

「いるべき場所」

という意味で問題ない!


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です