英語を母国語として身につける

反射的に言葉を出さないと、話せない。

文法における単語間の順序などを考えていると、会話なんてできない。

というのが圧倒的な事実で、英語を外国語とする人々がつまずく大きな要因の一つ。

日本人の子どもや大人が話すシーンで、特にスピーチ的な場面で多く見られる暗記英語。

一文、構文をまるまる暗記して、話す方法は、わかる人にはすぐ判断できます。

区切る場所がナチュラルではないからです。

スムーズに早く話そうとする余り、アクセントや強調を無視してすーっと話してしまう。





でも、実際の会話では伝えたい部分にストレスを与えてゆっくり言ったり、考える部分で間を置いたり、いろいろな緩急があります。

暗記英語は、それができない。それまで真似することはできないのです。

 

では、大人がそれを母国語のように話すにはどういう転換が必要なのか。

それは、「順序をまったく意識しないで話す」ことです。

思い浮かんだ単語をただ出す。出してから、整えていくのです。

相手がネイティブの人であっても、それでいいのです。向こうは英語のマスターだから、倒置されていても理解できます。

要するに、反射神経で話すのです。

自分が今、どんな言葉を口に出すのか。それをいちいち、チェックするのをやめるのです。まず出す。

そして、この方法において、英語の音をただ聴くこと、推測することがじわじわと役立ってきます。

 

誰もが正しい英語の順序や構文、間違っていない英語を知りたがり、勉強します。

でも、それは推測によって成立していく、雰囲気的に成立していく文の完成形を例として見せられているだけです。

実際の表現には、さまざまな幅があります。

例文、暗記、構文といった言葉には、その幅を狭くするための要素が詰まっています。

そして、話せなくなるのです。

 

Perfect. That’s so good! Perfect!

 

文にするとこんな簡単な言葉。でも、反射的に出る言葉とは最初、こういうものです。

Perfectという言葉が出てから、That’s が出て、soに力を込めて、goodと言う。さらに強調したくて、またperfectと言う。

That picture is perfect. I can say it’s stunning. といった例文があったとしても、そういう言い回しが出てくるまでは、前に出したような簡単な英語のほうが生き生きしています。

 

 

 

 


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です