英語を母国語として身につける

信じられないけど、信じるしかない。

娘の英語に関する本を書きながら、いろいろ見えてきたもの。

はっきりと活字になり、ルールとして提示はできたけれど、それのどれもが「信じられないもの」でした。

特に「勉強しない」「訳さない」という方法は、そうだと思いつつも、元々の自分を考え得ると、絶対の信頼を置くのはなかなか難しいもの。

「意味を推測する」というのも、「文法を気にしない」というのもそうです。

そんな方法にたいていの人は自信が持てないし、もっと他の方法で英語を上達させたいと思います。

子どもに対しても、具体的に「教育」をしたいと思うはずです。

 

娘が「意味を推測している」と気づいてから、私もそうするように心がけていました。





でも、意味を調べること、使い方を調べることが染みついている私にはやはり難しかったのです。

英語を調べる方法はいくらでもあるし、翻訳ソフトもある。

目の前にあるのに、その手を引っ込めたくない…。

 

フランス語のアニメを観て、聴いた音を推測していく。それを初めてから、私の英語にも変化が訪れました。

やってみると以外と簡単にできたので、自信がついてきたのかもしれません。

 

ネイティブの音を映像と共に聴いて、

その音を覚える。

そして、その意味はなんだろうと考える。

音を先に覚えたりする。

使い方はわからないけど、使ってみたくなる。

そのうちに、意味がわかったりする。

 

それは、今の音、今出している音、読んでいる単語に集中するという、会話の基本に立ち戻るということでした。

文法として理解して、単語を置く順番を考えるのではなく、

ただ、何も考えずに反射的に音を出すこと。

それがある程度正しい方向に向かうのは、正しい音を何度も聴いているからです。

日本語でも、常に「今の音」に集中している。順番なんて考えていません。

 

順番なんて、どうでもいいのです。

 

「順番が違うと、間違った意味で伝わるじゃないか」

というのが、それに反対する意見。

でも、とにかくどうでもいいのです。

 

英語を読むときもそうです。ただ、今目の前にある単語を読む。前みたいに、立ち止まったり、振り返ったり、一文を読み終えてから日本語に訳そうとしない。ただ英語の単語を読む。

 

と言っても、それが信じられないような意見だから、何度も言う。

 

数年前、英語のニュースを観ている私に、「全部理解しているの?」と妻が訊いてきました。

私は答えに窮しました。

それは、日本語に訳してなかったからです。訳さないで、ただ音を聴くというのをそのときもやっていましたが、どうしてそうするのか、はっきりと説明できず、「理解していない」というのも正しくなかったからです。

自信がなかったということです。

「聴きながら日本語に同時に訳して理解する」のが当時の理想で、英語のままで理解するようなイメージがゴールなのかどうかわからなかったのです。

 

では、そういったことを第三者にオススメしたときに、「信じられない」というのは理解できます。

「どうやって信じればいいのだ」

という意見に、返せる言葉はないのです。

信じるしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


  
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です