マザータング・イングリッシュ Article!

Recipeの発音は?

Recipeの発音は?

娘が「レシピを使って料理をする」みたいなことを言い出して、Recipeという言葉を使った。 […]

モゴモゴ言わない、パッポッと弾く。子どものように。

モゴモゴ言わない、パッポッと弾く。子どものように。

先日会った友人の2歳の子どもが、ママとパパより犬の「ポッキー」の名前をはっきり言えるように […]

5歳の娘 英語について最近感心するささやかなこと と、気になること。

5歳の娘 英語について最近感心するささやかなこと と、気になること。

5歳の娘 英語について最近感心するささやかなこと

・Ourselves と言った。

By myselfとかyourselfは比較的初期に覚えているが、最近、~ ourselves と言っていた。

自分自身、あなた自身から、私たち自身になったが、感心したのは、アワセルフじゃなかったこと。

しっかり、アワセルブズと言っていた。

ourだけどうしてかselfじゃなくてselveになるという仕組みも自然と身につけている。

 

・Meant

I mean〜 「つまり〜」もよく使われる言い方だが、過去形になるとmeant (メント)になる。こないだ、娘が言い訳するときにこれを使った。

大人の英語学習者としての私は、いちいち、単語を知ったときの驚きだったり衝撃を覚えている。もう数十年前のなのに、「meanの過去形はmeantなのか」とか、meant to be で「そういう運命だった。そうなるようになっていた」と知ったときのふわっとした衝撃。

だからmeantを覚えるのは少し先のような気がするが、娘はさらっと使う。

 

 

逆に、悪い意味で気になること

 

・ちょくちょく、過去形を言うときになんでも最後にドをつける。

前は、buyの過去形でバイドと言っていた。今はboughtと言える。

他にも突然出てくる~ドの過去形。それはさすがに違うとツッコミを入れている。

 

・thやRの発音が曖昧

昔よりはthで舌を噛むようになったが、withのthは未だにブと発音する。

Rは、勝手にアメリカンなRになっていることがあったり、まったくなっていないブリティッシュなときもある。

アニメではどちらも観ているので仕方がないのかもしれない。

 

 

 

 

 

Squishy (スクイシー)  抱き枕を見つけて…。

Squishy (スクイシー)  抱き枕を見つけて…。

5歳になる娘と家具店を歩いていたら、抱き枕のコーナーがあった。 私はふわふわというか、押す […]

ビジネストーキングから英語は学べない。

ビジネストーキングから英語は学べない。

感情を込めて言語を話すには、アクセント(ストレス)が重要になってくる。 ストレスのところに […]

母国語的スピーキング  アクセント、イントネーション、トーン、ジェスチャー

母国語的スピーキング  アクセント、イントネーション、トーン、ジェスチャー

「母国語的に話す」というのは、アクセント、イントネーション、トーン、ジェスチャーから成り立つが、英語学習的には当たり前の言葉が並んでいるだけで面白みがないかもしれない。

しかし残念ながら、母国語的、ネイティブ的な話し方を身につけるには、この要素で十分であり、これ以上は必要ない。

 

ちょうど昨日、娘がママの化粧道具で遊んでいて、私が「それで遊んでいいの?」ときくと、ジェスチャー混じりで言い訳をはじめた。

そのトーンやジェスチャーがネイティブのそれらしくて微笑ましいのだが、普段からいつもそうやって話すわけではない。

それはどうしてだろうかと、ちょっと気になった。

 

もしかしたら、私がそういうふうに話さないからかもしれない。

日本人としては、ジェスチャーを交えて、ネイティブ風に話すというのは、なんというか、ちょっと面白い感じになる。

私が娘と話すときは、より日本人らしく無表情、無ジェスチャーで話しているのかもしれないと思った。

そして早速だが、今日の朝から大げさにしてみた。

 

よくわからないが、アクセントもイントネーションもトーンも、「感情を込める」という意味でジェスチャーに集約されているような気がした。

 

今後はアクセント、イントネーション、トーン、ジェスチャーに絞って、母国語的スピーキングの話をしたい。

 

「どうして友達は英語を話さないの?」

「どうして友達は英語を話さないの?」

カナダのニュースを娘と観ていると、 「どうして友達は英語を話さないの?」と訊いてきた。 保 […]

母国語は「ありのまま」の姿勢で挑む

母国語は「ありのまま」の姿勢で挑む

母国語のように英語を覚えたいといっても、その過程ではどうしても「理解したい」「聴き取りたい […]

子どもは、「使える」と思った言語を選ぶ。

子どもは、「使える」と思った言語を選ぶ。

ある記事を目にした。「親が子どもに英語で話しかけている」という家族に出会ったが、その子どもがしっかり話せていないというもの。

本来子どもは、独り言として母国語をぺらぺらと発話するのが普通なのに、それができていないという批判だった。

なので、「子どもに小さいころから英語を教えるのは危険だ」という、よくある記事。

 

たしかに、「子どもに英語で話しかければそれでいい」わけでもないし、「日本語を話せるようになってからの日本語による英語教育」が素晴らしいとも思わないので、批判する気持ちもわからなくないが、このよくあるパターンの幼児英語教育批判は、とにかく決めつけが多い。

本でも映像でも公開しているとおり、私の娘は早い時期から自然発話していたし、今も一人遊びは英語でずっと遊んでいる。

娘が0歳から英語で話しつづけているが、その時点で私のスピーキングがネイティブ並であるわけもない。

「親がネイティブならともかく」

というただし書きをするが、「片一方の親がネイティブなら母国語として二つの言語を習得する場合がある」というのは大事な事実で、「幼児が2言語を同時習得できる」というのも、否定すべき事柄ではない。

 

結局、私が実践してみて、親がネイティブかどうかは関係なかった。という結論になっている。

それは英語の映像が簡単に見られる時代だからかもしれないが、親が英語のネイティブだって、日本に住んでいれば子どもは日本語しか話せなくなったりする。

要は、子どもがユースフルだと思った言語が育っていくだけなのだ。

 

娘の場合は、大好きなアニメや映画を観るのに、英語がユースフルだった。

それは、親の私が英語の映像だけを見せたからだ。

そして、アウトプットとして、私という話相手がいた。

 

母親とは日本語という役に立つ言語があり、保育園でも日本語が役立った。

 

だから娘は二つの言語を使い続けている。

 

 

彼女が1歳から2歳にかけて、人形でひとり遊びをしながら、英語を話し始めたとき。

それは、アニメの物語や台詞を真似しているようだった。

楽しいその遊びに、やはり英語は必要だったから、自然発話は英語になったのだ。

 

 

幼児に対して、「どのように教育すべきか」と、正論を掲げても実用性はない。

子どもは好きなことを好きな分だけやる。

英語も日本語も、楽しかったら、有用的なら使うのだ。

 

 

Just one more to be done!  to beを使うのは簡単?

Just one more to be done!  to beを使うのは簡単?

金曜日ごろ、出かける前に「終わる前にもう一回!」と言う場面があり、娘が Just one […]

A bowl that’s clean!   関係代名詞thatとアポストロフィーs。

A bowl that’s clean!   関係代名詞thatとアポストロフィーs。

ある日の夕食。 娘は妻が作ったトマトスープが美味しかったらしく、全部食べたのでビデオに撮っ […]

「知っていたかのように歌う、話す」シャドーイング

「知っていたかのように歌う、話す」シャドーイング

外国の知らない歌は本当になにを歌っているかわからないが、ただ同じように歌うことはできる。

そのために、歌詞カードを開く必要はない。耳で歌を聴きながら、その直後に同じ音を出せばいいのだ。

たとえ知らない歌でも、その方法で知っていたかのように歌うことができる。

日本語の歌でも一緒で、聞いたことのない歌を知っていたかのように歌うことができるのだ。

しかも、それを繰り返すと、英語でもフランス語でも韓国語でも、次からは自然と口ずさんでしまうのが不思議。

適当ながら、歌えるようになるのだ。

これは、「耳で聴き、歌うことで覚えてしまう現象」。当たり前だが、これは現象だ…。

 

しかし、歌はボリュームを上げてなければ、自分の声で聞こえなくなってしまう。

実は子どもはこれを幼児期に繰り返しているのだが、自分で話してしまうと人の声が聞こえなくなる。

なので、じっと黙って聞いている。

聞いているが、真似している。自分で話すように聴いているのだ。

聞いた直後に真似をするというのは高度な技で、大人のように予測して聞いたり、言う状態と違う。

だが、脳の中では真似をして話しているので、スピーキングしているのと一緒だ。

だから、練習しなくても最初からさらっと話し出す。

 

私はこの現象を娘の歌を覚える過程で発見した。

2、3回は黙って聞いているのに、それから聞かないでしばらく経ったころに、突然その歌を歌い出すのだ。

最近はないが、小さいころにはそれが頻発していた。
引っ越しでアメリカの小学校に入った子どもがずっと黙って教室で過ごしているのに、ある日突然話出すのも同じ現象のはずだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
母国語としての英語発音は楽器のようで、ただ楽しいという個人的な感想。

母国語としての英語発音は楽器のようで、ただ楽しいという個人的な感想。

母国語として英語を話すことについて、いろいろな方法を試し実践してきたが、個人的には理論やカ […]

I watched the ウルトラマン, didn’t I?

I watched the ウルトラマン, didn’t I?

5歳になった娘だが、さすがに話すだけではなく、読み書きの勉強を始めている。 「母国語を話す […]

英語がゆっくり聞こえるようになる、母国語としての英語。

英語がゆっくり聞こえるようになる、母国語としての英語。

小さい子どもとの会話はもちろん、日本人向けに少しやさしく話してくれるネイティブとの会話や、教室でのやりとりなどで使う英語は非常にやさしい。

やさしいがために、力業でなんとかなる。

たとえば例文の暗記で、その中の一部を替えて話したりする第二外国語としての話し方だ。

また、聴き取りも子ども向けのアニメは簡単だし、なんとか聴き取れてしまう。

 

だけども、そこからニュース番組だとか、バラエティ、ネイティブ二人対自分といったシチュエーションになると、まったく対応できない。

そのレベルになると、「理解しなくては」という気持ちが邪魔になり、聴き取りのスピードについて行けなくなるからだ。

 

このサイトで行っている母国語としての英語習得は、その壁をブレイクする方法。

だから、ニュースの聴き取りで試していけば、子ども用の英語アニメなどは、母国語としてすぐに聴けるようになる。

ニュースの英語がすぐに聴き取れるようにはならないかもしれないが、「理解しない」「訳さない」という方法にもかかわらず、子どものアニメが理解できるようになっている。

 

さらには「英語が早口に聞こえる」という現象さえ、変えることができるのだ。たとえば、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
4歳、颯太くんの「母国語としての英語」が凄かった。

4歳、颯太くんの「母国語としての英語」が凄かった。

同じ保育園で一時期一緒に英語をやっていた3家族でピクニックに行った。 もうしばらく自分が英 […]

Schwa(シュワー)サウンドを習得する!  

Schwa(シュワー)サウンドを習得する!  

パイプ音は、笛を吹くようにストレスポイントから一気に息を吹き出す英語の発声法。 そして、そ […]

控えめな提案のCould    比較で覚えない英語の覚え方

控えめな提案のCould    比較で覚えない英語の覚え方

英語は比較して覚えるのは難しい。だが、文法とはたいていが比較だ。

Ifは比較が多くて混乱してしまうが、couldもそれにまつわりいろいろな使い方があり、比較すると迷ってしまう。

子どもは使い方を学ぶとき、比較しない。一つひとつ、ただ覚えていくだけ。

だから、Couldにはいろいろな使い方があるけれど、まずは一つの使い方を覚えよう。

「控えめな提案のCould」だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
リダクション クン、プロウリィ、フェノーメノーとは?

リダクション クン、プロウリィ、フェノーメノーとは?

アメリカ英語にはリダクション(脱落)という特長があって、世の中に出回っている発音記号とまっ […]

いきなり「英語で考える」は、ただの弊害。

いきなり「英語で考える」は、ただの弊害。

おそらく10年ほど前に、ネイティブの人が書いた「英語で考える方法」的な本を読んだ。 何度も […]

「自分で話すように、真似するように聴く」ための3つのコツ

「自分で話すように、真似するように聴く」ための3つのコツ

「英語の音をそのまま聴く」ことがあらゆるネイティブ的英語習得に繋がるのだが、英語を勉強した人ほどそれができない。

だから、とにかくそのまま聴かなければいけないのだが、そのための方法をいろいろと示してきた。

ここで少しまとめたいと思う。

 

まず、最終的には、

「自分で話すように、真似するように聴く」に集約される。

聴きながら、自分の発音練習にもなり、音として、アクセントとして聴くために、記憶が楽になる。

しかし、これを実現するのに、さまざまな方法がある。

 

日本語で考えたり、リズムについていけないのが理由なのだが、そのために、

アクセントに集中して聴く

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Teethmarks (歯形)はどうして複数形?

Teethmarks (歯形)はどうして複数形?

昨日、一緒にアニメを観ていたら、少し食べられた歯形付きのリンゴが出てきた。 それを見て娘が […]

脳の仕組みが英語脳に変わっていく瞬間を体感する。

脳の仕組みが英語脳に変わっていく瞬間を体感する。

このサイトでは比較的リスニングについて述べてきたが、スピーキングについて話そう。 娘が「英 […]

20年間英語を勉強してきた大人二人と、生まれて5年目の娘の英語の何が違うのか。

20年間英語を勉強してきた大人二人と、生まれて5年目の娘の英語の何が違うのか。

連休中、友人Sと家族で相模原までドライブした。
道中、Sが娘と後部座席でずっと話していた。

彼女(S)は若い頃にイギリス留学経験があり、今も貿易関係の仕事で英語を使っている。

娘は英語で「ごっこ」をするのが好きなので、英語が話せる人を見つけると、ずっと話し続ける。

私も運転しながら、そのマシンガントークを聞いていて、いろいろ客観的に娘の英語を聴くことができた。

 

目的地のカフェに到着し、Sと二人で「ホントに凄いね」という話になった。

関心したのは娘の、「自由な使い方」だ。

たとえば、「暗くて、面白くて、気持ち悪くて、キラキラな洞窟に連れて行ってあげる!」というような英語を、ペラペラと話す。

妻がその凄さを理解できないので、Sが説明する。

「20年も英語勉強して、使っているのに、こういう表現はできない!」

私も含めて、英語を勉強してきた人はすぐに、「こういう使い方は間違っているのか、合っているのか」と考えるので、人前で「暗くて、面白くて、気持ち悪くて、キラキラな洞窟に連れて行ってあげる!」と英語で言えないのだ。

文章では書けても、人前で使うのに憚る。

その洞窟に想像の中で言ったあと、娘はSに

Was it kind of scary? (ちょっと怖かった?)

と聞いた。

 

毎度ながら、kind of は勉強して使えるものではなく、意味はわかっていても使いこなすのは難しい。

こういうのをさらりと使うにも二人で関心した。

 

では、20年間英語を勉強してきた大人二人と、生まれて5年目の娘の英語の何が違うのか。

そう考えると、「英語の感性」という言葉が浮かびあがった。

 

聞くのも考えるのも、センス、感性で話している。

 

大人は、技術で話そうとする。

 

この違いだ。

 

このサイトでもたびたび言っていた、文法抜きの英語だったり、「英語のイントネーションでただ話し続ける」が、その感性へと迫る秘訣なのだが、それはまた「習得方法」で紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

as much as  「同じくらい」は 「as much 」プラス 「as ○○」

as much as 「同じくらい」は 「as much 」プラス 「as ○○」

娘がよく使う ~ as much as you want. 「欲しいだけ(とっていいよ)」 […]

英語の順番で話し、理解する whichの非制限用法は順番通りに訳す。

英語の順番で話し、理解する whichの非制限用法は順番通りに訳す。

日本語に訳して理解せずに、英語の文章を聴いただけの状態で、「理解した」と思うのはどういうこ […]

I got the job done!   完了や使役という言葉を忘れて使い切ろう!

I got the job done! 完了や使役という言葉を忘れて使い切ろう!

I got the job done!

と娘が言った。

どこかに出かけようとしていて、「はやく用意して〜」と自分が言ったことに対する返答で、「用意が終わったよ」という意味で言ったようだ。

本来は「仕事片付けたよ」という感じだが、「用意という仕事を終わらせたよ」ということにもなるので、間違っていない。

なによりも、この表現は私には使いづらいと思ってただけに、見事に使ったなと思った。

なぜなら、こういう表現は勉強においてテスト対策として、いくつかのパターンを一気に覚える。

日本語で言うと、使役、完了、被害というのがあって、どこに強勢を置くかが違ったりする。

ややこしいのだ。

こういう覚えた方をした場合、実際の英会話では使いづらくなる。

 

だけども、子どもは他の表現を一緒に覚えてない。

どこかで I got the job done. と言っているのを聞けば、それを覚えて真似するだけだ。

しっかり身についたころに、類似表現を覚える。

だから迷わない。

 

テスト勉強で英語を覚えた私のような人間は、すぐに比較したり思い出そうとするので、迷ってしまう。

だからスピード重視の英会話では出てこないのだ。

 

ただ、この表現は実際、よくネイティブの会話に出てくる。

最後のdoneをちょっと強く言う感じで、特長があるので覚えやすい。

これは完了という使い方だと思うが、他の表現をわすれて、しばらくこれだけ使うことにしよう。

 


 

念のため、他の使い方や用法を記しておく。

 

完了)

get something done

のsomethingは、人以外。その場合のみ、done(過去分詞)が使われる。

人の場合はto がつき、さらに原型になる。 get my baby to sleep 赤んぼうを寝かしつける

 

被害)

I got my phone stolen last night. 電話を盗まれちゃった

この場合も強勢がstolenに置かれるので、完了と同じ。

 

使役)

I’ll have the house cleaned.

自分以外の人に部屋を掃除させる場合に使う。強勢はhaveに来る。

 

 

 

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方 2

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方 2

パイプ音で息を吹き出す場所は、基本的にアクセントの場所になる。ストレスとも呼べる場所で、そ […]

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方

英語の発音法は、「息を吐き出す」  子音が生む笛のような話し方

パイプ音は発音におけるテクニックだ。もしパイプ音をマスターしたいなら、自分の口がフルートだ […]

「母国語イングリッシュ」の修得におけるポイント

「母国語イングリッシュ」の修得におけるポイント

「母国語イングリッシュ」の修得におけるポイントをもう一度まとめたい。

簡単にはできないかもしれないが、理論はシンプルだ。

 

 

1 英語の順で聞き、理解する(ネイティブと同じ方法で理解する)

2 ストレス、破裂音、フラップTを中心とした発音(日本人が苦手な発音方法を理解する)

3 イントネーションを使って言葉を出し続ける(英語が出てこない原因を克服する)

 

言葉にすると簡単なこの3つの要素を中心に、今度も実践と修得のためのポイントを紹介していく。

1については「よく聞く言葉」かもしれないが、実践となると難しい。

また、これを大事な要素と本当に認識するまで時間がかかる場合が多く、これこそが母国語としてシンプルに英語を修得する要素だと気づけば、上達は早い。

2は発音と聴き取りのコツになる部分で、意識せずに大人が修得することはまずない。日本人のみならず、世界中の人が苦手とするアメリカ英語の特長だ。

3は英語を理解し、話せるようになっても、実際に日常生活や人前で言葉が出てこないという現象を解明し、克服するもの。これにも信じられないような秘密が多く隠されていて、まだまだ探究は足りない。

 

以上の要素を突き詰めていけば、一度真面目に勉強してしまった英語の脳を一度解体し、再構築できるはずだ。