「感情」を使い、英語を母国語として身につける

マザータング・イングリッシュ Article!

説明が上手くなる魔法の語順

説明が上手くなる魔法の語順

子どもが保育園で何があったのか、日本語でも英語でもたずねるのだが、相変わらず説明が上手では […]

子どもがやる関係代名詞と接続Thatのトレーニング

子どもがやる関係代名詞と接続Thatのトレーニング

関係代名詞および接続詞Thatのトレーニングの方法としては、子どもはたとえばI spyとい […]

ローマ字読み

ローマ字読み

このブログで、娘のリーディング学習において、フォーニックスやアルファベット読み、母音読みがあるという苦労を伝えてきた。

だがその前に、もう一つの方法があるのに気づいた。

ローマ字読みだ。

フォーニックスはラテン発祥だから、ローマ字読みと繋がっているはずだが、昭和49年生まれ、中学から英語を学んだ世代は、最初にローマ字読みを教わった。

フォーニックスはやっていない。

ローマ字読みは、日本語の言葉をローマ字で書いたり読んだりするものだとして教わった。

そのせいか、娘には一切教えていない。

たとえば、Finishという言葉があるとして、娘は最初頭の中で、フ、イ、ヌ、イ、シュと読んで、知っている言葉と照合し、「フィニッシュ!」と読む。

だけども、自分の場合はこうなる。

フィ、ニッ、シュ。

Fiはすぐにフィと読むし、niはニと読む。

これはローマ字読みをやっているからだ。

Konbanwa. Kyouha ii tenki desune.

と書けるのは、ローマ字読みをやったから。やっていないと、できない。

ローマ字読みをやれば正しく英語を読めて発音できるのかといえばそうではない。

たとえばNewはネウ、Goodはゴオッド、Honeyはホネイと読んでしまう。

Honeyはフォーニックスだとホ、ア、ヌ、イ(アルファベットもしくはサイレントワード)、イ(Yのフォーニックス)となる。

子音のHとOを繋ぐのはローマ字読み的な感覚で、NとEとYを繋ぐのもローマ字読みの感覚だ。

子音+母音という基礎。

そうなると、読み手の感覚としてはHO+NEYの組み合わせで読む。

フォーニックスのように、ホ、ア、ヌ、イとならない。

フォーニックスの中にローマ字読みは含まれているのかもしれないが、フォーニックスのあとにはっきりと子音と母音の組み合わせ方を教えないと駄目なような気がする。

ネイザルサウンドの響きはアメリカン。

ネイザルサウンドの響きはアメリカン。

長い10連休のGW初日、娘が風邪を引いた。さすがに明けの火曜日までに治ったが、鼻水は出てい […]

6歳になった。フォーニックス読みの問題点。

6歳になった。フォーニックス読みの問題点。

5歳では文字の読み書きに移行し、もう一度アルファベットを洗い直し、フォーニックス(日本では […]

英語の発音は腹式呼吸で一語一語に息を使う

英語の発音は腹式呼吸で一語一語に息を使う

ふっと強く息を吐くとお腹が動いて、ひっこむ。これが複式呼吸だ。たとえばボクシングのスパーリングで、パンチのたびに息を吐くのも、腹式呼吸。ふっ、ぱっ、ほっと、なんでもいいので、強く息を吐く。

全身で吐くことを意識すると腹式になる。

アメリカン英語はこの腹式呼吸を使って発音する。そのため、手を口の前にかざすと息がたくさんふきかかる。

発音の前に息を吸うという行為が必要なはずだが、それはどちらかというと肺を使う場合(胸式呼吸)。日本語の場合は文章の前に息を吸って、文章の最後までで使い切る。

「そうだね」と文の最初に言うときに、「言いながら吸う」ということもできるのだ。

一方、腹式は準備なしに突然音を出せる。小さい音になればお腹が動かなくても腹式になり、慣れると一語ずつに使える。ただ基本的に胸式よりも音が大きくなる傾向にあり、街中で英語の声が聞こえてくるのはそのせいかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
「母音をはっきり言う」が言葉の法則(だった)

「母音をはっきり言う」が言葉の法則(だった)

スピーキングにおいては、「東京の標準語に慣れた人は、英語の発音が苦手」というのが結論だ。 […]

主語を意識すると景色が変わる

主語を意識すると景色が変わる

It’s way too slow. それ、 ほんとに やばいくらい 遅いね It’sを分 […]

SV+「何か」の「順序」が英語の魔法

SV+「何か」の「順序」が英語の魔法

英語におけるSV(主語+動詞)の順序は思考したり話すときの基本となるが、リスニングでも強力な武器となる。魔法があるとするなら、このSVこそが魔法なのかもしれない。

リスニングにおいて、相手は最初に主語を話し、動詞を口にする。

そこを受け入れた上で、やがて発せられる次の言葉を待ち、聴く。その繰り返しをしているだけだ。

それ以外のパターンはSVの基本に慣れたあとにオプションとして取り入れていくだけで、常にSVの順序で聴き、理解していくことが基本となる。

ベーシックができてくると、thatの接続詞が来ても混乱しない。ベーシックができていないと、thatの接続詞のあとを独立した文として聴いてしまったりする。

つまり、リスニングでは最初の主語がまず大事で、次の来る動詞が大事なのだ。

相手が何か話しているときに、そこが聴きとれずにそのあとのほうに来る目的語を聴きとれてもあまり意味がない。

とにかく最初の主語。それがAlthoughとかifとか主語ではない何かに遮られても、その次に来る主語をとにかく理解すべきで、話している最終に聴きとれなかったら話をとめて確認すべきだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
フォーニックスは実際、難しいものです。

フォーニックスは実際、難しいものです。

まもなく6歳になる娘は、ようやく「書く」ことに興味が湧いてきたようだ。 友人の6歳の男の子 […]

それでも「テスト」をしたくなる

それでも「テスト」をしたくなる

経験上、リスニングにおいていくら英語を「そのまま捉えろ」と言っても、いつしか人は「テスト」 […]

反射的でなくなるとき

反射的でなくなるとき

娘と0歳から英語で過ごし、4歳ごろまでは100パーセント英語だった。それは反射的に出てくるレベルになっていて、上出来と言えた。

それが、やはり日本語をもう少し鍛えようということになり、私も日本語を交えるようになった。

もうすぐ6歳の誕生日を迎える娘の日本語は、たしかに上達した。

日本語も読めるようになり、英語もフォニクスで読めるようになった。

週に一度の英語のプレスクールでも英語漬けの日を楽しんでいる。

しかし、私は不満だ。

なぜかというと、反射レベルでの英語がお互いに減っているから。

気づくと、日常会話の多くは娘が母親に日本語で言うようになった。その日本語の逞しさや表現力は嬉しいけれど、英語は私と二人のシチュエーションや、遊びでないとなかなか出てこない。

前は反射的だったのに。

理由として、二人きりで過ごす時間が減ったこと。前は子どもを私が迎えに行って、妻があとから自分で帰ってくるというパターンで、その間に二人の時間があった。

今は引っ越して一緒に迎えるようになったので、二人きりという時間はほぼない。

お風呂の時間だったり、遊びの時間、勉強の時間はたしかにある。

でも、それ以外のトークが少なくなっている。

日本語で母親にペラペラと話しかけているようなことも、何か減ってきているような気がするのだ。

しかし実際、どの家でもそうだが、親が子どもにあまり話さないで一日が終わることも多いはず。

保育園に行って、ご飯食べて、お風呂入って寝る。

その間にそれほど時間は多くない。

英語というのは不思議だ。

前は娘以外の子どもに話しかけようとしても、思わず英語が出てきた。

反射的だったのだ。

だから娘にも反射的に出る。それが最近、衰えていると感じる。

お互いに、「日本語でも通じる」という意識が芽生えているせいだ。

0歳からずっと、日本語はわからないふりをしてきた。

それを、使うようになってから雪崩式に崩れた。

「わからないふり」の威力は、凄まじかったのだ。

これを戻すのは、かなり困難だと思う。

自分自身の英語時間を増やすこと

この状況を前の状態に戻すために、何をするべきか。

それはまず、自分自身の日常生活における英語時間を増やすしかないと思った。

私は自宅で仕事をしていて、日本語を使って昼間は過ごし、考えている。

だから当然、日本語でいろいろ考えているし、日本語で生活を送っている。

英語のリスニングをしたり本を読んだりする時間はあるが、それは日常生活ではない。

つまり、ドアを開ける、何を食べよう、昨日はこうだったけどあっただった、電源にコンセントをさそう…といった日常で考えることを日本語で考えている。

英語で考えるべきだと前の本で提案したが、自分が出来ていない。

出来ていないからこそ、これを続けるのは難しいことだという認識はある。

だが、やりたい。

久しぶりにやってみると、やはり新鮮な気分になる。よっぽどやっていなかったという証拠だ。

また、「感情表現からはじめる」も時々忘れてしまうので、これも心がける。

「何か英語で話しかけないと」と思うこと自体が反射的ではないのだ。

日本語に傾きかけた家庭に、英語のバランスをもう一度。

まずは自分自身の問題として捉える。

日本人がやりすぎても足りないスピーキングの重要事項。

日本人がやりすぎても足りないスピーキングの重要事項。

日本人が英語を話すときに、何度言っても足りないのが、 「おおげさにしゃべること」 このコン […]

英語を英語のまま捉える。

英語を英語のまま捉える。

  いくら英語を訳してはいけないと唱えても、そんなわけにはいかなくなる。やはり訳 […]

I knew it was 6. とエイリアン2の I knew you would come.

I knew it was 6. とエイリアン2の I knew you would come.

ある日の朝、一緒にサイエンスの映像を見ていて、10-4=6という計算が出てきた。

4という答えを見て娘は、

I knew it was 6. と呟いた。

 

これは、あのエイリアン2の台詞と同じだ…。

やっとのことで宇宙船のエイリアンを追い出したリプリーと子ども(孤児)のニュート。

リプリーは声をふりしぼるように、

We made it. (やったわね)

と言う。

 

ニュートはダクトに落ちて、それがきっかけでエイリアンにさらわれるという絶望的な状況にいて、リプリーは必死の思いでニュートの場所を見つけ出し、救い出したのだった。

 

リプリーの

I made it.

に対して、ニュートはさらりと言う。

I knew you would come. (I knew you’d come)

「あなたが来るの知ってたよ」

 

日本語字幕では「信じてたよ」と意訳されていたが、さらりと子どもが言うところが粋なわけで、「信じてたよ」では台無しだ。

 

ところで、このI knew はもちろん「知ってたよ」という意味だが、

I knew it.

はよく子どもが使う。「知ってた」ことは子どもにとって大事なのだ。

 

What are the odds? 「すんごい偶然!」

What are the odds? 「すんごい偶然!」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? […]

心で考えているときも英語。

心で考えているときも英語。

「日本語が遅れないように」という気持ちが芽生えた1年ほど前から、時々、日常会話で日本語を使 […]

アクセントを強く、はっきりと話す。英語と日本語の違いを娘にレクチャー。

アクセントを強く、はっきりと話す。英語と日本語の違いを娘にレクチャー。

目を見て、ひときわ大げさに話す。

これが私が最近、娘に話しかけるときに心がけていることで、感情たっぷりに会話する。

外から見られると、ちょっと滑稽かもしれない。

 

娘は時々そういうふうに話すし、時々そういうふうに話さない。

話さないときは少し小さい声で、日本語のようにフラット化していく。

 

日本語は、とくに標準語は、とにかくアクセントがないフラットで、感情を込めない。

一方、日本の方言はアクセントたっぷりで、感情を込めやすい。

娘の日本語は東京なので標準語で、ぼそぼそと小さく話すと何を言っているのかわからない。

英語でもぼそぼそといじけて話すときは聴き取りずらい。

 

そんな状況も放って見守り続けていたが、先日、お風呂上がりに、そのことについて説明してみた。

「日本語はフラットだけど、英語はフラットじゃなくて、アクセントをたっぷり使っていいんだよ」

ということ。

 

素直に聴いてくれた。

 

アクセントの位置は間違ってないから、もっと大きく、堂々とストレス部分を弾いて、はっきりと発音する。

たまにそんなときがあるけど、その時間をもっと長くしよう。

日本語の発音と英語の発音の違いを意識しよう。

 

しばらく指導をしてみようと思う。

 

Rotten Egg

Rotten Egg

インフルが園で流行っているので、娘を休ませている。 なので、妻の迎えには、家から娘と二人で […]

asにおける順番通りの理解の仕方。

asにおける順番通りの理解の仕方。

ある程度のスピードの英語は聴きとれても、ニュース番組やバラエティになるとスピードはぐんと上 […]

You’re gonna wanna の使い方。

You’re gonna wanna の使い方。

You’re gonna wanna は直訳すると「したくなるわよ」だが、実際は違うし、文法的には正しくないらしい。

これを使うのは少し上から目線で、教師とか講師、上司、親が使う。

丁寧な命令をするときに使える言い方で、ニュアンスとしては、「〜してください」「〜するといいわ」という感じだ。

 

 

どうしてgonnaとwannaを繋いでそういう命令形になるのかというと、そもそもgonnaは親が子どもによく使う。

日本語でも「落とさないわよ」と親が子どもに言ったりするが、未来形だったりする。

「にんじん食べるわよ〜」と進行形で話したりするのだ。

なので、You’re gonna eat the carrot. で、やさしい命令形になる。

 

You’re gonna wanna は、それにさらにwannaを足しているので、それより少し丁寧になる。

You’re gonnaだけだと、親から言われているみたいで大人はムッとなるが、wannaが入ることで和らぐ。

実はwanna単体でも親が子どもに言うときにやさしい命令形になり、gonnaと同じ役割があるので、同じものを二つ繋げただけで、「〜したくなる」という意味にはならない。

 

(さらに…)

ワイオー の意味。

ワイオー の意味。

年末、ショッピングモールに家族で出かけた。妻がお気に入りの店を物色している間、外で遊ぶこと […]

感情をシェアする ドラマの先に見えてくるもの

感情をシェアする ドラマの先に見えてくるもの

  海外の映画やドラマを字幕で観ることに慣れた日本人にとって、画を観ながら字幕も […]

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 後編

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 後編

「先読み」は「いいこと」とされている場合が多い。

先読みすることで次に来る内容を予測できるからいいのだと。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 前編

オススメとされている英語習得法で、意味のないもの 前編

現在44歳の私は、5歳になる娘と英語を日常言語として生活し、私自身の英語力もブラッシュアッ […]

感情を入れて聞くってどういうこと? 日本の英語習得の限界。

感情を入れて聞くってどういうこと? 日本の英語習得の限界。

以前に感情を使うとリスニングが良くなるという話をしたが、これはいったいどういうことなのか、 […]

もっと説明して! 英語でも日本語でもきっとそれは同じ。 子どもの説明スキル。

もっと説明して! 英語でも日本語でもきっとそれは同じ。 子どもの説明スキル。

子どもの保育園の帰り、妻と私と娘と三人で車に乗っていた。

「今日の○○くんの誕生日会どうだった?」

との妻の問いに娘は、

「嫌だった…」

と泣きそうになりながら答える。朝はほんとうに楽しみにして出かけたのに、何が起こったのか。

 

日本語で話を聞いてみると、誕生日カードにいたずらをされて、渡せなかったという話だった。

誕生日カードを書いたのに、誰かがその上から何かを書いてしまい、台無しになったというのだ。

(先生からの話では、書いたあとに渡すのを忘れて、古紙袋に誰かが入れてしまったためらしい)

 

その事件の説明も辿々しかったが、そのあとの「チャレンジごっこ」の説明はもっと酷かった。

「友達とチャレンジごっこをして勝った。最後は○○ちゃんが答えを教えてくれて勝った」

というのだが、そのチャレンジという遊びがなんなのかわからないし、聞いても競争なのかクイズなのかはっきりしない。

妻と二人で何度も聞くのだが、わからない。

 

車中、妻が「英語やってるから(日本語が下手なのは)仕方ない」という発言にカチーンときた私は、「そんなわけない。日本語でもっと話せばいいだけのこと」とムキになり、家について妻と私と娘で、チャレンジごっこについて日本語でもう一度聞いてみた。

 

まず、話を聞こうとしても体がゆらゆらして定まらないし、質問の途中で別の興味のあることに向く。

そこから注意し、「しっかり話を聞こう」から始まる。恥ずかしながら、そんな基本もまだやっていないし、でも親とはそんなものだと思う。「まだ子どもだから」という言葉は親にとって非常に使いやすいのだ。

次に、説明でわからないところを親から説明して、「たとえば」と親から説明する。

それを繰り返し、概要は理解した(省略)。

 

何が言いたいのかというと、そうやって子どもと向き合って、話す時間というのがここ最近、減ってきていたということだ。

それは、日本語でも英語でも同じで、Youtubeが観たいとなったら、親子で話す時間は減る。

親に監督はいないから、少しずつそういう方向に流れていく。

 

日本語で説明が下手なのは、親の責任で、いつまでも問題を放置していたから。

「英語をやってるから」「まだ5歳だから」

たしかに英語で説明するのは少し上手だけども、英語でも向き合って話す時間は減っている。

 

その日以来、日本語でも、英語でもしっかりと一日起きたことをお互いに話し、わかるまで説明し、世の中のいろいろな現象や物について話し合うことにした。

車での待ち時間は、私がAIRBAGの文字を見つけて「これなに?(英語で)」と聞くと、娘は「これは車がぶつかったときに体がステアリングにぶつかるから、そのときにバンって袋が出てくるやつだよ」と英語で説明する。答えられないと思って聞いたのだが、Fixiesというアニメでそういうことは知っていたりする。

 

いろいろなことを質問し、説明し、話すのは、子どもの成長の驚きが隠されているし、説明能力や理解力を高めていくのは間違いない。ちょっとやっただけで、日本語もよくなってきている(気がする。そう願いたい)。

 

とにかく反省。そして前に進む!

 

 

 

 

 

 

英語圏放送局の取材。

英語圏放送局の取材。

家の暮らし方の件でイギリスBBCから取材があり、土曜の朝から大勢のクルーが家のまわりを取り […]

日本語にするとどういう意味? kind of

日本語にするとどういう意味? kind of

娘が生まれて5年間、英語の意味を「日本語に場合はどういう意味なの?」とか、その逆を聞いたり […]

母国語のルール

母国語のルール

真似するように音だけを聴いていくのはとても重要。解釈に気を取られて次の音に素直に耳を傾けていないと、音自体を聴きとれないからだ。

幼児はそこから始まり、少しずつ音の意味を推測していく。

推測して意味がわかると、音が聴きとれたときに、その単語については意味が頭に入ってくる。

だからといって、前後の関係とか、文法などはまだ考えない。

単語の意味がわかり、次の単語の意味がわかる。

それが繰り返されていくだけだ。

 

大人がやる場合は、音だけを聴くようにしても、当然ながら知らない単語もあるし、慣れていないから日本語に訳そうとしたりしてしまう。

だから、まずは音だけに集中する。音の意味さえもあまり考えない。

慣れてきたところ、単語の意味を意識するようにする。

なぜなら、人が言語(母国語)を聴いたり読んだり話したりするときのルールがそこにはあるからだ。

それは、勉強して覚える外国語のルールと少し違う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について